スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

museum pieceセルフライナーノーツT13~T15(終)

あけましておめでとうございまーす!(うっせえ)
ワタクシ、なぜかmuseum pieceのライナーノーツを書き終えた気でおりまして、さっき「そーいやそろそろBlog書かないとなー自転車ネタの書き溜めもあるしー」なんて思ってBlog見たら書き終えてなかったというね。
BlogとTwitterってこう、一度書くと気分がノって連続して書きたくなるのですが、逆にしばらく空けてしまうと負のスパイラルに陥って書かないどころか見もしなくなってしまいます……私だけでしょうか。ふふっ、言い訳すんなこのクズ野郎。

●T13「ミル、ユメ。サク、ハナ。」
9/14のBlogでも書きましたが、この曲はPCゲーム「はるはろ」のEDとして作った曲であります。気に入っている曲なのでCDに収録できてよかったです……!

どう気に入ってるかというと、ボーカルが理想に近い感じで録れたことなのです。しんどいだろうけどその声質のまま高いとこまで歌ってほしいなあぁぁっていうギリのところといいますか。いいハイトーンをいただきました。マイクはU87AiでプリはProToolsのDigiPreだったと思います。
曲は短いし凝った部分なんて全然無いですが、何となくリピートできちゃうパターンに持っていけた気がします(個人の感想です)。リスナーの方にもリピートしてもらえていたら嬉しいなぁ…

アレンジ的にはふつーのバンド構成ですね。ギターにベースにドラムにボーカル。高k…いえ学園生バンドをイメージした粗くて勢いのある演奏を目指してます。まぁ目指さなくても粗いんですけどね。あとやっぱこういうのにはテクニカルなソロよりオクターブ奏法でジャンガジャンガですよね。まぁテクニカルなの弾けないんですけどね。
当時の音源はちょっと粗が目立ったので、打ち込みだったベースを生にして、2本あるギターの1本を弾き直して、ドラムはBFD2で打ち込みし直して、ミックスもやり直しました。ボーカルは前述の通り、2006年当時の素材を使っております。ちょっと声が若いw

曲と関係無いですが当時の思い出を。〆切り間際、私は高熱を出して寝込んでおりました(本当)。鼻風邪みたいな軽いヤツは毎年ひきますが、38度オーバーは殆ど経験が無かったのでそれはもうしんどくて寝返りすらしんどくて連絡もできません(本当)。激しい頭痛と闘いながら、ふとつけっぱにしていたテレビを見たらホリエモンが逮捕されてました。(終)

●T14「Last Word」
「神曲奏界ポリフォニカプラス」のEDで、晴れ豆のライブで聞いて気に入っていただいた方が多い曲です。
歌詞を先行でいただきメロを後から乗せたのですが少々歌詞詰め込み型になってしまいました…が、それが普段とは違った雰囲気を出すのに一役買ってくれたような気がします(ポジティブ)。あとなぜかライブで演奏していただくとテンポが速くなってしまう不思議な曲。晴れ豆の物販席でハラハラしながら聞いていました(笑

アレンジ的には、バッキングにアコギとエレキとピアノがいるので結構詰め込み型ですね。シンセも2、3パートあってサビではストリングスも。なかなか盛り上げられたと思います。
ピアノとエレキギターは帯域を取るので、できればどちらかだけにしたいのですがこれがなかなか。必要最低限のトラック数で表現するのが理想なのでまだまだ未熟です。隙間があると不安になってしまうのです。それはそれとして、ステレオ感が小さくてきれい系じゃなくて汚れ系で、でも抜けもいい…そんなピアノ音源を探しています。Piano in Blueに目を付けてますがどうか。

ところで今更ですがAメロのピアノのアルペジオが歌メロのラインと被ってて歌い辛いような気がします。ごめんなさい(笑)でもRitaさんは基本リズム隊を聞いて歌っているそうなので大丈夫っぽい。

●T15「恋してるし-pump or die-」
「恋してるし」のリミックスです。最初に作ったのはRitaさんのライブで衣装替えか何かの間を埋めるBGM用でしたがいつ頃だったかなぁ。かなり前ですねーいつだったかなぁ…(大丈夫かこの人)。ファイルのタイムスタンプ見たら2009/2/18だったのでその辺りです!このときは適当にループ素材並べて数時間でぴゃーっと作ってマスターにL2(リミッター)かけただけみたいな物だったので、今回半分以上作り直し、ミックスちゃんとして収録しました。おまけという事できもち音量大きめです。

別のテーマとしては、T6のパンドラ同様、EDMの音作りを意識しております。もはや一般的を通り越してちょっと聞き飽きた感もあるポンピングというミックス手法を派手にやりたかったのです。
ポンピングというのはざっくり書くと、バスドラムが鳴った時に他のパートを引っ込めてウネリのあるグルーヴにする手法であります(製作サイドではサイドチェインって言います)。
そもそもこれってダッキングという物の応用ですよね?(よく知らない)ダッキングというのは例えばナレーションが入った時に裏で鳴ってるBGMの音量を下げる事を言います。これを音楽に応用したのでしょうか?(よく知らない)
そんなわけで、たぶん音楽で使われるダッキング処理が近年ではポンピングとも呼ばれるようになったんじゃないかなー(よく知らない)で、それをサブタイトルに入れてみた次第です。

T6のパンドラでもポンピングさせてますが、やっぱり歌を聞かせたいので軽くしてあります。このリミックスでは歌も含めて上物全部ポンピングさせてるのでやや聞き辛い部分があったらごめんなさい。
一番苦労したのはなかなかケロらないRitaさんのボーカルだったかもしれない。息多めで棒歌いのトラックだと比較的ケロらせやすいのです。

●ねこぺぐ
140201_01.jpg
一匹増えました!(°Д°)アメショの子猫です。よろしくお願いします。元気がよくて、移動が全てダッシュです。

140201_02.jpg
先住猫は年末に体調を崩してしまい病院通いでしたが現在はすっかり回復し、今年も鏡猫にされました(迷惑そう)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Blueberry&Yogurt

Author:Blueberry&Yogurt
曲担当の内山が綴るブログです。
http://blueberry-yogurt.com/

最近の記事
Twitter
カレンダー(月別)
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
タグクラウド
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。