宣伝+スタジオのサイト更新報告

●ポリフォニカ+
主題歌の「Last Word」が公式サイトでご試聴いただけます~
曲と歌唱をBlueberry&Yogurtが担当させていただきました。
7/22発売予定。
『神曲奏界ポリフォニカ プラス』応援中!

●サイト更新
当サイトに続き、スタジオのサイトもリニューアルしたのでよろしければぜひ。
こちらもテンプレ選んできれいなサイトが出来ちゃう系アプリで作ったので
似てるサイトがあったら笑ってやってください(^^;
http://clef.blueberry-yogurt.com/

前から用意したいと思っていた用語集Q&Aも公開できました。
アニメや演劇用語はよく見かけるのですが、
レコーディングはあまり見たことなかったので隙間産業的に。
でも用語集は絶対まだなんかあるよなーと思いつつ、
いざ書こうとするとなかなか思い浮かばないもので……
思い出したら追加していきたいなーと思います。
収録の時にこんな言葉を聞いたけど意味わかんねかったとか、
この言葉は後世に残すべきってのがありましたらご一報をば。
随時募集してます。

あと、意外とご好評いただいているのが収録の流れ紹介
特に同人サークルさんからはよく参考になったと嬉しいお言葉をいただきます。
今までは肝心のボイスドラマ編が無かったので今回やっと追記できました。
レコーディングって超閉鎖空間ですから未経験の方からは
なにしてるか謎だらけですものね。
出来るだけオープンにしていきたいなーと思っております。

●スマホ対応
ぶるよぐサイトとスタジオのサイトは両方ともスマートフォンでアクセスすると
タッチパネルに対応した専用のページに飛ぶようにしてあります。
jQuery mobileというフレームワークっていうんですかね?
テキストエディタで簡単に作れるJavaScriptライブラリを使わせていただきました。
(しかしJavaScriptライブラリってのが何かすらよく分かってない私です)
Twitterでは主流がSencha Touchという物だと伺ってさっそく調べたのですが
私のような素人には何をどうしたらいいかサッパリで(笑
デザイン面ではSenchaのが圧倒的によさそうなんですがねー。
新しい技術にどんどんついて行けなくなっております。老化です(泣

●Blogの左っかわ
Twitpicに投稿した写真を表示できる何かステキなものを貼ってみました。
カーソルを置くとにゅるっと開きます。未来感あるわー。
はやく一人前の猫ブロガーになって写真集で大儲けしたいです。

●ネコぺぐ
IMG_0595.jpg
一匹が飲みに行くとオレもオレもともう一匹がやってきます。
水飲み場は2カ所あるのに…
スポンサーサイト



iPad欲しい病

appleの製品ってのはあれ、なんで現物見ると異様に欲しくなるんでしょうか。
不思議です。
だもんでiPadもヨドで見たときからずっと欲しかったのですが
使い道が一向に思いつきませんでためらっておりました。
いい値段しますし、iPod Touch持ってるってのもあって。
たぶん出歩く人ならいろいろ思いつくんでしょうけど、
私はアパート内の和室と洋室を行ったり来たりするくらいのもの。
あぁ(泣

しかしここにきてYAMAHAさんからTNR-iが!
これは数年前に出たTENORI-ONという電子楽器のアプリ化で、
ボタンをポチポチ押してるとイージーリスニング風な曲ができてくるという代物。
実機は廉価版でも5~6万したと思ったのでお買い得感あります。
他にもiOS用に音楽用アプリがぶわっと出てきたみたいです。
http://jp.yamaha.com/products/apps/
本気の打ち込みはPCじゃないとどーにもならんのですが、
TENORI-ONみたいなインスピくれくれ系は詰まった時や息抜きに使えてよさそうです。
あーほっすぇ。

あと、ちょうど今日かな、
FL StudioのiOS版、FL Studio Mobileもリリースされたみたいですね。
こっちは大元のWin版持ってっからあっても使わなさそうですが未来感が凄いです。
有名所だとガレージバンドがあったりで音楽アプリの充実度はAndroidを突き放しておりますな…

楽譜系だとpiaScoreが便利そうです。
これはタッチペンを使って書き込めるのがステキ。

はー、でもWi-FiのiPad2でも5万なんすよねぇ……
はー。

●ネコぺぐ(たまにはちょっと大きめ画像)
IMG_0681_1k.jpg
猫は暑いとひっくり返ります。
油断すんなって言ったのにクワガタみたいです。

StudioOne 発売だそうで

むう、ここ数日ちょっと体調が悪くて寝たり起きたりしつつ
スタジオサイトのHTMLをいじったりしておりました。曲もうちょいなんで!(汗

さて先日、いつものようにDAWのStudio Oneを立ち上げたらインフォメーションの所に
「Studio One発売開始!」の文字が!
おめでとうございます!まだ出てなかったのかよ!
s1_11061101.gif

ってことはちょっと前までイイヨーイイヨーと勧めてたのに
国内では売ってなかったかもしれないって事ですね。(ノ∀`)アチャー
http://twitter.com/mi7japan/status/76505131239211008

確か去年の秋くらいだったか、代理店がエレクトロハーモニックスからMI7に
変わったんですよね。まさか今まで止まっていたとは(汗

ちなみにS1、CuBASEみたいにローカライズされてるから海外から買うのもあり。
日本語マニュアルはPDFがMI7からダウンロードできます。
でも国内の経済回すのも重要ですよねー今は特に。
そしてそろそろver2にも期待したいところです。(今1.64)
MIDI周りがもうちょっと多機能になってくれればいいなぁとは思いますが、
現在のシンプル+安定感も捨てがたい…引き続き注目です。

●S1良かった探し
これ、他のDAWだと普通の事かもしれんのですが、
SonarからS1にしてオートメーションが凄くやりやすくなったのでご紹介。
1本フェーダーのFaderportとの連携がとてもいいのです。
具体的な流れはこんな。

1:「プラグインEQのGainをオートメーションしたいわぁ」と感じる
2:Faderportのフェーダーを触る
3:EQのゲインをマウスでクリック
4:S1の左上にあるアサインボタンをクリック
5:フェーダーいじるとEQのGain動きまくり

簡単!
これでほとんどのパラメータをフィジコンのフェーダーで操作できるわけです。
Sonarだとフィジコンでボリューム以外のオートメーションを書きたい場合は
結構な手間がかかったような気がしたので嬉しい機能です。
(たぶんフィジコンじゃなくてMIDIコンだと簡単にできるんだろうけども)
んで、4で押したアサインボタンをもう一度押せば解除されて、
通常のトラックフェーダーにアサインが戻ります。

●ネコぺぐ
IMG_0355.jpg
肉球様はいつ見ても飽きません。
この魅力を利用して宗教団体とかどうでしょう。

なんかーおっきくなったから捨てたしー(常套句)

この前Rita姐さんと打合せしたときのこと。
私のことをBlog書いててキモイとか罵倒しつつも、
「飼い主の常套句、あれオレも考えた!」って言うから
どんなよと聞いて出てきたのが今回のBlogのタイトル!
確かにこーゆー人いるけど冷たい!発想が冷たい!

しかしペットを飼うのは大変だと思います。
私なんかは引きこもり(を通り越してもはや屋内退避状態)なので
室内飼いのペットは飼いやすいですが、会社員の方なんかは
ご家族の協力がないと難しい面もあるかと思います。
まぁ私の場合は不安定な収入の問題がありますがね(泣
ペットを飼おうと思っている方がいらっしゃったら
まずは生活環境をよーく考えて、
シミュレートしてからの決断をおすすめします…捨てたらダメよ!

賃貸だとまた大変ですよね。
ペット対応マンションみたいなのがベストですが、
ウチみたいに古いからペット可にして客引きしているアパートも
探せば結構あるものです。
あとペットショップの通販サイト、よく目隠し梱包が選べたりしますが
そのサービスはどうなんだろうw

●ねこペグ
IMG_1053.jpg
完全に油断してて舌もちょっと出がち。
たまに変な音でいびきもかきます。(ピヒュルウルみたいな)
猫であることをさぼったらあかん!

motionを考える

先日、流通さんからmotion100円在庫切れという有り難いご連絡をいただきました。
Twitterでは再販へのご意見をたくさんいただきありがとうございました。

現状で購入いただけるのは店頭在庫とぶるよぐ通販のみとなっております。
今、ぶるよぐ在庫が30枚くらいか、もーちょっとあるかな……
一部はスタジオや実家に置いてあったりしたのでかき集めております。
後日、この中から少量ではありますが流通さんに委託させていただきます。
ほぼ皆様に行き渡った感のあるCDですし、在庫の動きもかなり小さいので
なんだかんだでまだ当分の間は大丈夫と思います(笑
ザイコアルヨー

再プレスに関しては、今後Ritaさんと話し合いつつ、
出来るだけ在庫を切らさないようにしたいと思っております。
(切れても短期間とか)

そんな中、世間は確実にダウンロード配信に移行してますしね……
iTunesやAmazonのMP3販売もどんなもんか調べているところです。
ただ、ぶるよぐ的にはジャケットも含めた「物」としてのCDを
作りたいという気持ちが大きいので、
今後もCD媒体メインでいく事になるとは思います。
しかしご存じの通りCDは(一部を除いて)ずんずん売れなくなっておりますゆえ、
なんか特典を付ければWIN-WINだぜ!(?)という安易なところに着地しております。
「こんな特典が付いてたら買ってやらんでもない」というご意見がありましたら
Twitter等でいただければ大変参考になります。
メール便に入るくらいの薄いのがいいなぁ(またわがままを!)

●紙ジャケ
motionは紙のジャケットでプレスしまして、質感はとても気に入っているのですが
作ってみたらいろいろとデメリットが発覚しまして(汗
例えばこんな。

・平積みにすると崩れる
・Pケースと大きさが異なる→棚に収まらない事も
・劣化しやすい(落とすとへこんだり)

あと、ライブで物販してた時だと思うのですが。
「これ紙だから火がついたら燃えますよね?」って質問いただいて
「あ、ええ!燃えますね!」と、わけのわからん受け答えをした覚えがあります。
なんかすんませんw

●ネコぺぐ
IMG_0647.jpg
タイトル「お慈悲」(オレに対しての)

RMEのドライバ3.24

先日Twitterでまにょ先生に教えていただいたRMEの新しめのドライバ。
なんとドライバ側でマルチクライアントを実現なされたのです!
具体的にはDAWのSonarをASIOモードで立ち上げたまま、
Sound Forge10をASIOモードで立ち上げちゃったり再生できちゃったりします。
祭りじゃ!

…そうですね、WindowsでRMEでDAW使ってる方にしか伝わんないですね(泣
今まではオーディオIFを2台使ったり、DAW側で「バックグラウンド時にドライバを解放する」
みたいなオプションをONにしないといろいろダメだったのです。
(しかもやや安定しなかったので結局IF2台体制でやってました)
それが気にせず使えるようになったという感じ(^q^)
昨日半日ほどですがSonarでBGMミックスしながら裏でForge立ち上げて
たまに交互に再生したりしてみましたが特に不安定になる事もありませんでした。
RMEのドライバはかれこれ10年くらい更新し続けられてるのがまた凄いのです。

日本の代理店だとまだこの機能が組み込まれる前のドライバしか置いてないので、
興味のある方はRME本家からどーぞ。

私は自宅のメインPCにRMEのMultifaceAE
サブPCにMultiface初代、
さらにスタジオのREC用PCにHDSP9632
スタジオのサブPCにMultiface初代を付けてます。RMEフリークっすね。
全部PCIタイプなので導入はちと面倒ですが、レイテンシ詰めたい方にはお勧めです。
また、Firewireタイプよりも相性問題が少なくて楽です。

Multiface.jpg
9年目に突入したMultiface初代。
本体はけっこう熱くなるからコンデンサとかそろそろやばいのかもなぁ~

●ねこペグ
IMG_1318.jpg
「んージミ。Aメロとサビ作り直しね。しっくよろ~」
とか言いそう。

Wavesのテープシミュ

先日、(見た目が)有り難いマイクのエフェクターが追加されたWaves様。
しかし別売りだったのでイスラエルに向かって舌打ちした私ですが、
今度新しく追加されたMPX Master TapeはMercuryユーザーにタダでくれた-!
毎年お布施をしてるからタダじゃないんですけどね。(1年$200(泣)
でも最近は追加が頻繁なのでお布施の甲斐があるというもの。

MPX.jpg
まず見た目がとてもいいのでプラシーボすごいです。プラシーボ重要です。
あと下のテープのとこが回ります。これは無くていいです。
(クリックしたら止まりました)

音ですが適当なドラムとベースのループに「DrumKit」っていう
プリセットかけるとこんなふうに。前半は素で後半がMPX。
MPX_drumkit.mp3

聞き流すと地味な違いですがw
中低域にガッツが出て高域が落ちてますね。テープスピード7.5いいなぁ。
こういう効果はよく欲するので嬉しいです。
特に効果が出るのはスネアの帯域かなー。
プリセットにもスネア系多かったです。(Snare Help1とかそんな)
ただCPUパワー結構持ってかれます。UADのFATSOと分担しようかな。

●ネコぺぐ
IMG_0250.jpg
別行動が多い猫共ですが、冷える日は共同戦線を張ります。
そんなウザそうな目で見られたら興奮してまうやろー!

Studio One移行メモ 3

~前回までのあらすじ
ノリで買った新しいDAWにオレ様ちゃんは移行できるのかーー!?

★Sonarはミキサー分かりやっすいけどS1はどうなの?
AuxすらないSonarは特別分かりやすいんだろうなと思います。
S1は普通のミキサー寄りで特に変わってるということも無く。
あ、複数トラックのOutをまとめて変えられて便利です。
Sonarできそうなもんだけどやり方がわからない(泣

★Sonarは楽器のアイコン表示できっけどS1はできるんの?
S1では不可。
そのかわりトラックの色が素早く変えられるようになってます。
ぬるーっと複数トラック選択して2クリックで色づけ完了。
慣れるとこっちのが楽器のアイコンよりはるかに見やすくてショックでしたw
リージョンの半透明表示もあって見た目もいいです。

●移行のまとめ。
Sonarと同じ機能ってのは少ないけど、代わりになる機能は
だいたい揃っていたので慣れれば戦えます。(当社比)

●S1、個人的に弱い点
・スコアエディタとステップエディタ無し(ピアノロールのみ)
・ピアノロールのレイヤー表示無し
・起動がちょっと遅い
・ピアノロールが独立のウィンドウにできない

楽譜出ないのは人によっては致命的かもしれないです(笑

●S1、個人的に気に入ってる点
・カチッとした操作感
 CuBASEっぽさがありますマジでマジで。デザインも落ち着いてて安心感あります。
 Sonarはなんというかふわっとしたイメージ。自由度高いけどちょっと不安。
 SSW9は雨の日に連続したマンホールの上を原チャリで蛇行してるイメージ。

・内蔵エフェクトがいい
 色付けのいらないコンプとEQは全部内蔵のでいいやと思ったくらい。
 EQは流行りのアナライザ付き。メーター系もいいです。

・VST3対応

・ファイルブラウザ
 なにしろ便利。
 SonarもX1で乗りましたがどうしても後付け感がねー。S1はネイティブ感大。

こんな感じで?
S1は入門にはちょっと不親切かもですが、
楽譜表示が無くてもよくて安いDAW探してる人にお勧め!

んまぁ、当分はSonarと平行して使ってこうかなと思います。
編集とレコーディングはSamplitudeメインで使ってて、
都合3種類のDAWを使い分けてます。意外と混乱しないもんです。

●ネコぺぐ
IMG_0279.jpg
思いのほか伸びる猫舌。
エサはドライフードに缶詰を少しまぜて与えてます。
ちなみにペット業界用語でドライフードは「カリカリ」缶詰は「しっとり」です。
缶詰は「猫缶」のほうが多いかな。
さらにちなむと、エサには「総合栄養食」と「一般食」ってのがあって一般食はお菓子のイメージ。
おいしいけどカロリー高めで栄養足りなくて、与え続けるとぶっくぶく。
プロフィール

Blueberry&Yogurt

Author:Blueberry&Yogurt
曲担当の内山が綴るブログです。
http://blueberry-yogurt.com/

最近の記事
Twitter
カレンダー(月別)
05 ≪│2011/06│≫ 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
タグクラウド
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
リンク