スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Waves V9

●Waves V9
ついにWaves様から64bit版があぁぁ!
しかも今回のバージョンからiLok廃止でライセンスの管理がしやすくなり、さらにプラグインの起動速度が速くなるという個人的には最強に欲しかった改善が入るって事で超期待だったのですが「大きなバージョンアップでバグあるだろうしR2(リリース2)まで待とうかなー」などとチキン野郎の私は思ってましたがなかなかR2出やしねぇので入れちゃいました。

・iLok廃止
ライセンスはWavesの独自管理となり、PCのHDD、またはUSBメモリと紐付けという形に。せっかくなので小型のUSBメモリ買ってきました。ドングル減らなくてちょっと悲しいけどまぁ。ライセンスの移動やらが楽になったので安心です。

・プラグインの起動速度
早くなった!ありがてぇ!軽めのプラグインと比べたら一息かかりますが、それでもV8と比べたら雲泥の差。V8でも改善はありましたが3秒前後かかってたかなぁ。今回のV9からは1秒前後?体感では全くストレス感じなくなりました。Fluxも頑張れ。

・不具合
Studio OneでWaves挿した時ですが、ダブルクリックでの数値入力ができない症状が出てます。全くできないってわけじゃないですが再現性が謎。たぶんS1との相性ですね。目立つし、どちらかの次回リリースで直るんじゃないかなと楽観。

●64bitとミックス
UAD-2がまだ64bitに対応してないのでミックスは相変わらずx86のStudio Oneでやってます。打ち込みはx64でやって、完成したらバウンスしてx86でミックスという流れ。修正が発生するとちょっと手間ですが、行程を分けることで気持ちの切り替えができたり、CPUパワー的にも安心っていうメリットはあります。
作曲時はとにかくメモリが欲しいのでもうx86には戻れませんが、ミックス時にはメモリいらないし当分は大丈夫かなー。UAD-2が64bit対応したら本気出す。

大東京トイボックス8巻
発売日、運動がてら買いにいくぜーと張り切って駅前の本屋3軒まわったけどどこにも売ってなかったんス!(泣
マンガ大賞2位だし入荷されないわけがない……と思ったあたりで発売日が土曜日だという事に気付くオレ。きっと土日は単行本が入荷されないのだな…Twitter見てると都内の方々は続々と買ってるので、都会と田舎の違いをまざまざと見せつけられた一日でした。帰ってからアマゾンで買うた。内容はコンシューマゲーム開発の話なのでゲーム好きな方には手放しでお勧めです。
それはさておき推しメンである木場繁さんですが、8巻ではエロゲー早売り店の閉店に悲しむ同僚と共に涙を流す熱いシーンが!(ダメだこの人)

●猫の性格
うちの猫共はぱっと見そっくりですが性格は結構違います。
丸っこい顔のほうは大胆不敵で愛想もよく、宅急便が来たりすると玄関へ走っていきます。知らない人に対して全然ビビりません。動物のお医者さんでいうところの営業部長です。
120401_01.jpg
↑営業部長

険しい顔をしているほうはビビりーで、まぁこっちのほうが普通の猫に近いと思います。ネット回線の工事で業者さん入ったような日には、工事終わってからも3時間くらいは押し入れに身を隠してます。昨年の地震のときは半日猫タワーの穴蔵にこもってました。(これは仕方ないか)
120401_02.jpg
↑ビビりー。耳はこいつのほうが曲がってる。

んで、これはどこの飼い猫も同じかと思いますが、朝エサの時間に私が起きないと枕元にきて起こしにかかります。ここでも性格が出て、丸っこいほうは体に乗ってきたり頭の横をうろうろしたり顔を触ってきたりと全体的に雑な起こし方です。
険しい顔のほうはあまり大きな動きはしないのですが、体の上に乗ってじーっとしていたり、顔をそーーーっと触ってきたりします。しかしその触り方が的確で、目に手をあてて開けようとしてくるので怖いです(;^ω^)爪切り重要。
ただ、丸っこい方もアホの子ってわけではなく、人間様が寝てるときに電気の紐に飛びついて電気つけたりと知的な一面もありました。超うざかったので引越後は紐を短くしました。
スポンサーサイト

SSDレポ(DAW使う人向け)

先日、スタジオのレコーディング用PCを新しくして、OS用ドライブもSSDに入れ替えました。自作PCは私も好きですが、入れ替えを手伝ってくれてたエンジニアの島君は私以上の自作オタ。組み上がったPCを前に二人で「はえー!」「はえー!」「BIOSでマウス使えて気持ちわりぃ!」「Win2000はSP4まで出てましたよね」とかキャッキャ言いながらインストール作業していたらすっかり夜でした。大事なのはそこじゃないのに……!

さて、値段もだいぶ下がってきたSSDですが、自宅の音楽製作用PCには割と早い段階から導入しておりました。Twitterで質問もいただいたのでDTM的な面からのSSD使用感レポートなどを書いてみます。ネタ提供感謝!>けんせいさま

自宅のPC構成はこんな。だいたいその時々でコストパフォーマンスのいいものを選んでます。具体的には価格.comで上位のやつ(;^ω^)

・メインPC
マザー:P7P55D-E-EVO
OS:Win7x64 Pro
CPU:i7-870
メモリ:12G
SSD:Crucial C300 128G x2(OS用と音源置き用)
オーディオIF:RME MultifaceAE
あとHDDたくさん。USBデバイスもたくさん。

・サブPC
マザー:P8Z68-V PRO
OS:Win7x64 Pro
CPU:i7-2600k
メモリ:8G
SSD:Crucial m4 128G x2(OS用と音源置き用)
オーディオIF:RME Multiface
あとHDDぼちぼち。USBデバイスは少なめ。

両機ともクロックは定格。メインPCのほうは組んで1年半くらいかなぁ…特に不具合も感じず安定しおります。これを組む前のVista時代にも64Gの安物SSDをRAID組んでサンプル置き場にしてましたがもう使用感忘れたw
サブPCのほうは引越後に組んだのでまだ三ヶ月くらいです。こちらは繋げているデバイスも少ないためかド安定。Twitterやらメッセンジャーやら音楽以外が主な用途ですが、曲によってはVEPで音源的にも使ってます。

●OS用にSSD
ベタではありますが、個人的に一番効果が大きかったのはOSドライブをSSDにした事。起動速度が早くなり動作も目に見えてキビキビ、アプリの起動も余裕で体感できるくらい早くなりました。メーラーやブラウザなんかは一瞬ですね。オーディオ用PCはIFの都合でスリープ使えないので再起動の時間短縮も嬉しいのです。

ただ、メインPCのほうは起動が遅いのです。これはマザーのせいなんですがBIOS画面が終わるまでに30秒くらいかかっちゃうんですよねこいつ。ちょっと不満ですがHDDに比べたら早いです。電源を押してログイン画面まで50秒くらいかなーSSDもちょっと古いものですし。
サブのほうは電源押してからログイン画面まで35秒くらいでした。目測なのでやや適当ですがストレス無いです。たまに安物のノートPC使うときには何もかももっさりに感じます。贅沢になった(泣

●サンプル音源用にSSD
これも効果的でした。よく使うソフトシンセ、SpectrasonicsのOmnisphereの読み込みを早くしたかったのがSSD導入のきっかけだったのですが、ちょっと大げさに書けば昔のハード音源に近い感覚で音色をぱっぱかぱっぱか切り替えられるようになりました。試しに何となく大きめの音色が多そうなカテゴリ「Hybrid Organic」に合わせて切り替えてみますと、大きめの音色(300Mくらい)でも1秒、100Mくらいまでの音色ならホントにハード音源なみ。

もう一つ私がよく使うドラムのAddictive Drumsってのは、VSTiを起動して初期キットの読み込みが終わるまでに2秒ちょいくらいかなーこれ。キットを切り替えても長くて2~3秒で読み込み完了します。ありがてぇ。
BFD2も昔試しましたが、こちらは思ったより速度が変わらず、全体のサイズもでかいのでHDDに戻した覚えがあります。メモリに音色をごっそり読み込む系のVSTiならSSDが効果的なんだと思います。今はSSDにOmnisphere、Addictive、Musiclab、よく使う音ネタやReFillを置いてます。

●SSDとレイテンシ
こちらは恩恵が薄いかなー。最近のDAWはメモリへのバッファリングをうまいことしてくれるからかもしれません。通常は128サンプルで、ギターを録る時は64でやれてます。アンプシミュは主にAmplitube3を使用。VSTiの本数が多い曲だと64ではちょっとCPUが危うい時もあります。HDDのみの時代でも128~256サンプルで常用できてました。やはりレイテンシを詰めるならCPUとオーディオIFの性能重視ですかね。

ちなみに私はあんまギター上手くないので128サンプルのレイテンシでも全然気になりませんw 256だとちょっと気になりますが大丈夫。512は厳しい。上手い方だと128でも気になるのかもなー。鍵盤はもっと弾けないので気付かないときは1024でMIDI録音してたりします。(ひどい)

レイテンシの話で思い出したのでちょっと脱線。
~声録りとレイテンシ~
数年前、スタジオのレコーディング環境をProTools HD(TDM環境)からCuBASEのネイティブ環境に移行した際、試しにVSTプラグインのコンプをかけてモニターしてみようと確かレイテンシを64まで下げてみたのですが、ナレーターさんはそのわずかな遅れが気になってしまい、結局ダイレクトモニタリングに戻し、O2R96内蔵のエフェクトをモニターにかけて収録しました。
ProTools HDのレイテンシはバッファを問わず0.44msだそうです。CPUベースだと44.1kHz、64サンプルだと1.5msくらいになる計算で、実質は3~4msくらいかそれ以上の遅延があったのだと思います。マキシマイザー系はレイテンシでかいので論外にしても、プラグインによってはレイテンシ食うやつもありますしね。やっぱり声の収録にはProTools HDや低レイテンシの専用DSP、もしくはハードのアウトボードが必要だなーと実感しました。特にナレーションの場合は聞こえる音が声のみですから非常にシビアだと思います。

●SSDとミックス
たまーにですがミックスの仕事でトラック60本以上の曲が来ることがあり、そういう時にはせっかくなのでSSD上にデータを置いてミックスしてます。ディスク負荷は少し下がりますが、ミックス時のレイテンシは512か1024でやってるのでHDDでも全然できちゃいますね。効果的とまでは言えないかなと。プレイバック時のバッファリングが少し早くなってるとは思います。トラックが多くなければHDDと体感はほぼ変わらず。あ、波形のイメージを作る速度は早いか。でも最初だけですしねぇ(;^ω^)HDDでも最近のなら十分早いし……

●SSDとでかいサイズのWAVE
試しに1.2GBくらいのWAVEを作ってHDDとSSDに置いて読み込み速度の違いを見てみました。読み込むソフトはSound Forge。波形のイメージが作成が終了するまでの時間をざっくり計ってみたところ、HDDのほうは13秒くらいで、SSDは4~5秒くらいでした。こちらはベンチマーク上の性能差が出ているといったところでしょうか。シーケンシャルリードが多いと思うので大幅な差でもないですがさすがSSD。
私は1G越えのデータは滅多に扱わないし、波形イメージファイルが作られた後はどちらで読み込んでも一瞬なので、波形編集はHDDでも十分かなーと。ゲームの台詞だとシーンごとにファイルを分けることが多いので40~50Mから、大きくて100Mくらいのサイズが多いのです。

§

……なんか今日のBlog長くね?オタなので説明書き始めると長いのです…さらに専門用語の説明無しなのでDAWを使わない方にはサッパリだと思います。すまぬ…すまぬ…SSDフォーエバー。

●ネコぺぐ
120303_01.jpg
2/29は4年に一度の肉球の日(ペットショップ談)だったらしいのでスーパー肉球写真をアップ。

パンツ新作

molamola software様の新作「お前のパンツは何色だ!?」で
主題歌を担当させていただきました。
スペシャルのページにいろいろ公開されておりますので
興味があって大人の方はぜひ~
公式略称は「おパンだ」なのですがどうしてもパンツと言ってしまいます。
前作もパンツと言ってました。
(例:パンツの作詞どう~?)

ところで歌録りのとき、Ritaさんがメーカーさんに
「なんでそんなにパンツ好きなんですか?」と質問したところ
「や、別にそんなでもないですよw」と意外な返答が!
よく趣味を仕事にするとどうしても冷めてしまうという話を聞きます…
きっとこれはそういう事なんだなと少し哀愁を帯びたのでした(なに言ってんの?)

●Sonar新作
毎年恒例のSonarバージョンアップ
今回はマイナーアップのようですね。X1がやっとこさ安定してきたばっかだものなぁ。
Z3TA+2欲しいからアップしてゆきたいけど、さすがに今回は値段によるかなぁ。
一回バージョンアップをためらうと金額が跳ね上がるので難しいところです。

●ネコえさ
先日カルカンのチキンとターキー(パウチタイプ)てのを始めて買ったのですが
開けたらめちゃめちゃうまそう!ちょっとショックです。
このままご飯にかけてさらさらいけそうです。
まぁ…さすがに猫缶食った事は無いのですが、
ウワサでは味が殆ど無くてまぁまずい、でも食えないことはない、
という事らしいです。次買ったらちょっとなめてみっかな。
ちなみに肝心の食い付きは普通でした。贅沢なやつらめ!

●ネコぺぐ
IMG_1455.jpg
タイトル:それぞれの猫生

IMG_1461.jpg
なんでこんなにキーボード好きなんだろう。
そしてキーボード開けたらどのくらい毛が入っているんだろう…

最近のアップデートやら

DAWやプラグインのアップデートに一喜一憂するのも
音楽製作の醍醐味なのです。
(一憂はしたくないのですが)

Studio Oneの1.65
相変わらずの安定感です。
とはいってもたまにプラグイン絡みで落ちたりしますが
安定した落ち方をします。(なにそれ)
冬にはVer2も予定されているようで期待です。

BFD2の64bit版
まさかの安定(たぶん)。
歌物1曲で使いましたがバウンスまで問題なしでした。
こういうメモリをがんがん食うVSTiの64bit化は大変有り難ぇ。

●Wavesのr9
H-EQってのがリリースされたので今日アップデート(゚∀゚)
最近流行りのアナライザー付きEQですね。とても便利です。
バンドごとにEQのタイプを変えられたり、
鍵盤で音域を表示したりとなかなかステキです。
アナライザもぼちぼちなめらかです。
操作性はStudioOne付属のPro EQのほうが上かなー。
でも使い分けできそうなので有り難いのです。
iLokがどんどん埋まったらいいです。

●Sonar X1c
cakewalk.jpで公開されましたが、既に出ている海外版と同じ物っぽいです。
私はなんも考えず即座に海外版をあてましたが特に問題無いです。
X1bくらいからだいぶ安定したんじゃないでしょうか。
最近はすっかりStudioOneでの作業が増えましたが、
BGMのミックスではSonarを使っております。

●FluxのPure Analyzer
これはアップデートと違いますがPure Analyzerっていうのがリリースされまして。
デモムービーを見る限りめためたぬるぬる動いてるのでとても欲しいです。
実際のところメーター類って見るの忘れがちだけど表示させておきたいのです。
で、お値段が279EURなので3万ちょいですかね。
セール待ちです(泣) ねーんまつ!ねーんまつ!(もしくは年始)

PLAYエンジンの3
恐くて入れてねぇ。
OSのイメージ取ったら入れようかな……

●ネコぺぐ
IMG_1519.jpg
ど…うなってんの?

IMG_0553.jpg
殺(と)ったるぁー!!

また空いてしまったぁ

ちょっと最近バタバタしているのでBlog、Twitterともに沈黙気味です…
ガンバリマス!

●その後のKOMPLETE8
結局むらむらして買っちまったー!
やっぱり国内だと高いので海外のショップで買いました。
今回は10%オフのクーポンを持っていたJRRを使ってみました。
UltimateのUpgradeが$499でここから10%オフ。
んで、送料が$50くらいなのでだいたい$500ですね。
円だと4万切るらいですかね、安いわ…
ご時世的には出来るだけ国内で買った方がいいとは思うのですが、
ハードならまだしもソフト系はどうしてもねぇ。はー円高円高。
地元の自動車産業大丈夫かなぁ。浜松なんで工場多いのです。

●Xperiaの裏蓋
MOUMANTAIでXperia arcの裏蓋を買ってみました。
マット加工なので滑らないわべとつかないわでもー最高。
ただ、シルバーの本体に黒の裏蓋なのでややパンダっぽいです。
arc_110901.jpg

●ネコぺぐ
grd110901.jpg
油断してるとみせかけてのガードポジション。
このあと素早い猫パンチを繰り出します。

IMG_1448.jpg
ものすごい苦悶の表情で寝ております。

IMG_1399.jpg
友達の輪、でしょうか。
まぁ猫も飼い主も友達いないんですけどね(^q^)
プロフィール

Blueberry&Yogurt

Author:Blueberry&Yogurt
曲担当の内山が綴るブログです。
http://blueberry-yogurt.com/

最近の記事
Twitter
カレンダー(月別)
06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タグクラウド
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。